新着おしらせ

2019年11月30日

2019 榎森彰子原画展 「大和てくてくふだん歩き展」

「ギャラリーブリックス」 カフェブリックス2F 天理市別所町319-4 ☎0743-63-3278 12月11日(水)~17日(火)11:00~17:00 初日は13:00から最終日17:00まで ≪三原色と(赤・青・黄)と白で描いた風景画と猫絵≫ ふだん散歩したり、車で走ったりするときに見かける何でもないけれど心ひかれる風景と、猫たちの日常を描きました。 ...

続きを読む

2019年2月20日

2019.3.12~17「わたしにも描けました展」

私ども「なら三原色の会」がキミ子方式をお伝えして今年で21年目をむかえます。 絵を描くことは特別なことではなくて,「絵の描き方」を伝えればみんな絵を楽しみ作品をつくることができるキミ子方式は多くの方に共感をうけました。 絵が描けたらいいなぁ・・・,でもいまさら絵なんて・・・と絵が得意な方も苦手な方もそれぞれの思いをもって絵を描きはじめた仲間たちの作品を一堂に ...

続きを読む

2018年11月29日

榎森彰子カレンダー2019「大和てくてくふだん歩き」

啓林堂書店奈良店で原画展を開催中です(12月4日(火)まで)。奈良で暮らす榎森彰子が描く風景です。今年は風景画にかわいい動物たちが仲間入り(●^o^●)。啓林堂書店奈良店で発売中1,200円(税別)

続きを読む

2018年9月24日

榎森彰子 原画展「大和てくてくふだん歩き展」

アートスペース上三条 10月2日(火)~7日(日)11:00~17:00(最終日16:00)http://www.mynara.co.jp/0B1Pic/b1-03.html 啓林堂書店奈良店よもやーろギャラリーwww.books-keirindo.co.jp/guidance.html 11月23日(金)~12月4日(火)9:00~21:00(初日13:0 ...

続きを読む

新着教室だより

2019年5月29日

さぁ,はじめてみましょう。「もやしを描こう」

初めてのモデルは「もやし」(●^o^●)なぜ初めてのモデルは「もやし」なのか?それはいつでも用意できるモデルだからです。手のひらサイズの中に根っこ,茎,葉っぱがあり植物の要素が全部そろっているからです。 隣にあるモデルを見ながらゆっくり息をつめてゆっくり描きます。 茎は上へと描くのはなぜ?茎は太陽に向かって伸びるから絵も上に向かって描きます。ゆっくり描きます ...

続きを読む

2019年5月28日

さぁ,はじめてみましょう。「キミ子方式で絵を描こう」

パレットの上で色づくり(●^o^●)色遊びをしながら色づくりです。三原色と白でたくさんの色をつくることができます。絵の具や水の量がちがうだけで色が変わります。 使用している絵の具は町の文房具やさんにある絵の具です。小学生が使っているものと同じです。筆は馬毛の4号 ,200円前後のものを使用しています。 色作りのあとは画用紙を切ったり貼ったりします。 色づくり ...

続きを読む

2018年7月20日

うちわに絵を描いてみました(●^o^●)。涼しげなうちわに仕上がりました。

うちわは,画材としてはじめて教室で使いました。モデルは竹柏(なぎ)とアジアンタムです。      春日大社で竹柏(なぎ)の葉を見かけますが,実の方は珍しく私たちもはじめて見ました。春日大社境内の本殿と若宮の東、御蓋山の中腹から下の方のナギ樹林は国の天然記念物として指定されています。 春日社では古くから榊の代わりに神事に用いられています。

続きを読む

2018年5月10日

子どもたちが描いた作品

三原色のfacebookページホームに掲載した子どもたちの描いた靴が「すごくいい!!」と友人が言ってくれたのでご紹介します。 描き始めは「靴ひも」,「靴ひも」を描いて周りを描いていくことにとっても驚いてくれた。一点からとなりとなりへと描くことが当たり前になっているので驚いてくれたことがとても新鮮でした。この教室は榎森さんが87歳のお母さんのために始めた教室。 ...

続きを読む


絵画教室のごあんない

大阪教室

会 場  アネックスパル法円坂(旧大阪市立中央青年センター)

住 所  大阪市中央区法円坂1-1-35

アクセス 地下鉄中央線・長堀鶴見緑地「森ノ宮」下車 ②出口西へ徒歩8分(500m)
地下鉄谷町線・中央線「谷町4丁目」下車 ⑩出口東へ徒歩8分(500m) ⑪出口(エレベーター)

月曜教室 第4月曜日(10:00~12:00)
水曜教室 第4水曜日(10:00~12:00)

奈良教室

会 場  奈良商工会議所

住 所  奈良市登大路町36-2

アクセス 近鉄奈良駅下車徒歩2分

朝の教室(初級が中心のクラス) 第2土曜日(10:00~12:00)
昼の教室(中級クラス) 第2土曜日(13:30~15:30)

出張講座もしています

自主グループへの出張講座もしています。ぜひご相談下さい。

会費 全8回 28,500円 (画用紙・モデルなど含む)
自分で使う道具は別費用 1,920円(絵の具(赤 青 黄 白 藍)・パレット・筆3本)
受講内容 初級 中級 各8回コース
1回約2時間で作品仕上げます。
講座の振替 欠席された講座は他の教室で振り替え出来ます。詳しくは「なら三原色の会」へお問い合わせ下さい。
入会受付について 入会は随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ・入会の申し込みはこちらから
    

講師プロフィール

教師画像

榎森彰子

1955年 天理市に生まれる。

イラストレーターとして企業・行政の冊子の
表紙・ポスターのしごとを手がける。
大和伝統野菜に出会い生涯のテーマを見つけ、
これによって作家活動を開始

教師画像

紀太美恵子/キミ子方式認定講師

1958年生まれ。奈良市在住

水彩画教室「なら三原色の会」主催
家事育児に追われる中「キミ子方式」に
出会い絵を描き始める。
「自由に絵を描くのではなく絵を描くことで
自由になる」というキミ子方式の
描き方考え方に感銘をうける。
暮らしの中で絵を描くことを
楽しんでいる。

    

作品ギャラリー

講師の作品です。ここにある絵は赤青黄と白の三原色の絵の具で描いています。